配当金にも税金がかかるので注意!FIRE4%ルールの罠

FIRE(セミリタイア)


早期リタイアのFIREをしたい!という方に向けた記事です。

よく「4%ルール」で、生活費の25倍の資産があれば、FIREできると聞きますが、それは間違いです!

配当金にも税金がかかります。

このブログでは、FIREを達成するために、役立つリアルなご情報をお伝えしていけたらと思います。(私もFIREを目指して現在頑張っています!)

配当金にかかる税金について

株の配当金に掛かる税金ですが、納税方法は下記のように3つあります。

①総合課税
②申告分離課税
③源泉徴収

株を持っている人は、いずれかを自分で選択しています。

また配当金にかかる税金については、国税庁や、証券会社HPなどに、計算方法や考え方が記載されていますが、かなりややこしく調べても分かりにくいです。

そこで、簡潔にまとめてみました。

課税所得
(年間収入)
①総合課税
の場合
②申告分離課税
の場合
③源泉徴収
の場合
195万以下7.2%20.315%20.315%
330万以下7.2%20.315%20.315%
695万以下17.41%20.315%20.315%
900万以下20.473%20.315%20.315%
1000万以下30.683%20.315%20.315%
1800万以下37.188%20.315%20.315%
4000万以下37.188%20.315%20.315%
4000万超49.335%20.315%20.315%
※SMBC日興証券の記事より数値参考に表を作成

多くの方は、特定口座で源泉徴収ありを選択していると思います。

このような方は「配当金に対して約20%の税金」が差し引かれて、指定口座に配当金が振り込まれていることになります。

配当金だけで生活する場合(株式資産3000万円)

よく、FIRE達成の具体例として4%ルールを適用し、

・3000万円分の株式(利回り4%)
・生活費10万円/月、年間120万円

と言われますが、これは間違いです。

税金で20%差し引かれるので、下記が正解になります。

・3000万円分、株式(利回り4%)
生活費8万円/月、年間96万円

このように、税金を考慮せずに、エイヤとFIREしてしまうと、あとで痛い目にあいます。

総合課税で配当金の税金を軽減する

少しでも手取り金額を増やす方法として、総合課税を選択する方法があります。

収入合計が330万円以下だと、税金は7.2%となります。

・3000万円分、株式(利回り4%)
生活費9.3万円/月、年間111万円

税金軽減効果は大きいですね。ただし、自分で確定申告を毎年行う必要があるので注意必要です。少し手間になります。

配当金以外に副業などで収入がある場合は注意が必要です。

695万円以下(配当収入+副業収入)までは、総合課税が税率が低いですが、695万円を超える場合は税率が割高になってしまいます。

さいごに

早期リタイアのFIREを、失敗しないように、安全に行いたいものです。

そのためには、どれだけリアルに、FIRE後の収入と支出を考えるかが大事と思います!

FIRE関連の書籍については、下記がとても参考になりました。

一緒に早期リタイアのFIREを目指していきましょう!



コメント

タイトルとURLをコピーしました