携帯扇風機 おすすめ2021 – 初心者に選び方も解説!

おすすめ商品

暑い時期にかかせない「携帯扇風機(ハンディファン)」についてですが、機能やデザインや値段など色々あって、どれを買おうか迷う方が多いと思います。

ここでは、大手家電メーカーに10年在籍している家電大好きな私が「用途別にオススメ商品を提案したい」と思います。

外回りの仕事の移動中や、現場の仕事、暑い日のレジャーには、あると便利なアイテムなので、プレゼントとしても喜ばれると思います。私も携帯扇風機は、手に持つタイプと首掛けタイプの2つ持っていますが、夏場にあるとうれしいアイテムです。ぜひこの記事を参考いただけたらと思います。

まず、読んで頂きたい!携帯扇風機の種類と、選び方のポイント

ハンディタイプの扇風機は、外出先で暑いときに、気軽に体を冷やすことができます。

実は、体を冷やすのは単純なファンで風を送るものタイプだけでなく、首掛けタイプや、クーラー型のものなど、さまざまな商品が最近登場してきています。

それらを下記にまとめました!まず、ご確認ください。

①ハンドファン型

おそらく、みなさんがハンディタイプの扇風機でイメージされているのは、この「ハンドファン型」だと思います。
商品数も多く、価格もお手頃のものが多く、使用可能時間も長いのが特徴です。メリット・デメリットは下記になります。

メリット:お手頃価格。使用可能時間が長い。好きなところに風を当てられる。
デメリット:手で持つのが面倒。首紐でぶらさげられるものをあるが、顔や首に風を狙いにくい。



②首掛けファン型

こちらは、一番冷やすと体に効果のある首に特化したタイプです。手で持つ必要がなくなるところはとても便利です。髪が長い人は巻き込まれてしまうことがあったり、耳元に近いため音が気になるという意見もありますが、対策している商品もでてきています。

メリット:手で持たなくてよい。使用可能時間が長い。
デメリット:髪を巻き込むことがある。音が気になる



③ハンドクーラー型

ペルチェ素子といった電流を流すと温度を制御できるものを使っている商品です。ファンで空気を送るタイプと違い、実際に冷却することで、15℃~25℃のひんやりを体感できる商品です。商品数が少なく、稼働時間が短いものしかないです。

メリット:実際に冷却できる。好きなところを冷やせる。
デメリット:稼働時間が短い



④首掛けクーラー型

先ほどのペルチェ素子を用いたクーラー型の首掛けができるものです。風を送るだけのファンと違い、首を15℃~25℃で実際にひんやりと冷却できるので、夏場に体感温度を下げることができます。冬はヒーター替わりにも使えるものもあります。首元にクーラーは使い慣れていないので、人によって相性があります。

メリット:手で持たなくてよい。実際に冷却できる。冬はヒーター代わりに使える商品もあり
デメリット:使い慣れていない



あと、携帯扇風機のバッテリーには、リチウムイオン電池が使われています。

最近の携帯扇風機は、スマートフォンと同程度の容量のバッテリーが使われているため、電池の発火リスクを考慮し、安全面から商品を選ぶのもよいと思います。電池技術者の私が、携帯扇風機の発火リスクや安全な使い方について解説していますので、もしご興味のある方は、下記記事もご参考ください↓

以上が、携帯扇風機の種類と選び方のポイントでした。それぞれの特徴を理解いただけたでしょうか。ここからは、実際の用途に合わせたこれだというオススメ商品を提案させていただきたいと思います。

ハンドファン型のオススメ商品

ここからはハンドファン型のオススメ商品を紹介します。

【用途①:機能重視!】

「風が強く、軽く、静音」と機能重視のおすすめ商品です。稼働時間も最大25時間と十分であり、デザインもきれいです。

・価格:2999円 (AMAZON)
・風力:3段階(強い)
・稼働時間:最大25時間
・サイズ:横78mm×奥行42mm×高さ184mm
・重さ:148g
・静音(20dB)
・USB充電タイプ
・色:白、ピンク、緑

【用途②:コスパ重視!】

アマゾンだと、お値段1180円と安く、人気商品でコスパが最も良い商品です。軽く、風力3段階、最長9時間稼働できる「コスパ最強」のおすすめです!

・価格:1180円 (AMAZON)
・風力:3段階
・稼働時間:最大9時間
・サイズ:横90mm×高さ195mm
・重さ:130g
・静音
・USB充電タイプ(充電3.5時間)
・色:白、ピンク、青、水色

【用途③:使用時間!】

5200mAhの大容量リチウムイオン電池を備えており、「最大35時間」稼働できます。また、スマホの充電にも使うことができ、予備バッテリーとしても活躍することができるオススメ商品です!

・価格:2480円 (AMAZON)
・風力:6段階
・稼働時間:最大35時間 (スマホ充電も可能)
・サイズ:横90mm×高さ195mm
・重さ:320g
・静音
・USB充電タイプ
・色:白、青、黒

【用途④:サイズが小さい!】

ハンディタイプでは、他の商品に比べ、サイズが小さく軽いです。またライトにも転用可能と多用途なオススメ商品となっています

・価格:1799円 (AMAZON)
・風力:2段階
・稼働時間:最大10時間
・サイズ:横74mm×奥行42mm×高さ142mm
・重さ:120g

・静音
・USB充電タイプ
・ライトにも使用可能
・色:白、ピンク、緑

【用途⑤:羽が無いタイプ】

羽が無いタイプで、風音も小さめとなります。小さなお子様にも安全でオススメの商品となります。

・価格:1780円 (AMAZON)
・風力:3段階
・稼働時間:最大8時間
・サイズ:横66mm×高さ216mm
・重さ:142g
・静音(20dB)
・羽が無い(お子様にも安全)
・USB充電タイプ
・色:白、黒、青

【用途⑥:日本大手メーカー】

1つめ


2つめ

携帯扇風機には、リチウムイオン電池が使われているため、実績のある日本の大手メーカーのものを購入したい方には上記2つがオススメの商品となります。

首掛けファン型のオススメ商品

私も、夏場に向けて、コスパ重視のものを1つ購入しました。購入してみて分かったのは、首後ろの冷却タイプはあった方が良いです(値段が高いですが・・・首が蒸れるため)。あとは、外出先では音は全く気になりませんが、室内で使う場合は音が気になります。私は35dBくらいの比較的静音は小さい商品を購入しましたが、弱モードでも静かな場所では音は耳元で鳴るので少し気になります。

【用途①:機能重視!】

ファン2つで首元に風を送るのにくわえて、首の後ろ側はクーラー機能(ペルチェ素子)が備え付けらているハイブリッドタイプです。稼働時間も18時間と長く、体感温度-9℃を感じられる夏場にオススメ商品です。

・価格:5780円 (AMAZON)
・風力:3段階
・稼働時間:最大18時間
・サイズ:236mm×191mm×77mm
・重さ:530g
・静音
・USB充電タイプ
・ファン2つ+クーラータイプ(体感-9℃)
・色:白、黒

こちらは、首回り全体をエアーを噴出してくれるタイプです。髪の毛がファンに巻き込まれにくい設計になっています。また、首後ろは、クーラー機能(ペルチェ)を備えているため、長時間、涼しさを体感でき、夏場におすすめの商品となっています。

・価格:5980~7700円 (AMAZON/セール時)
・風力:3段階
・稼働時間:最大16時間
・静音
・USB充電タイプ
首回りからエアー(髪を巻き込きこみにくい)+クーラータイプ(体感-9℃)
・色:白

【用途②:コスパ!】

アマゾンの場合、1958円と低価格での購入が可能であり、重さが220gと軽いのが魅力です。音は静音ですが少し気になる程度です。首回りからエアーがでるため、涼しさを感じられつつ、稼働時間も6時間と十分です。コスパに優れているため、試しに首掛けタイプを購入するのにはオススメ商品となっています。

・価格:1958円 (AMAZON)
・風力:3段階
・稼働時間:最大6時間
・サイズ:236mm×160mm×66mm
・重さ:220g
・静音(少し気になる)
・USB充電タイプ
首回りからエアー(髪を巻き込みにくい)
・色:白、黒

首の後ろの冷却が欲しい方は、この商品がコスパが良いです。熱伝導のステンレスシートのため、クーラー(ペルチェ素子)ほど冷えませんが、首の後ろ側の熱を奪い取ってくれます。送風も首回りにエアーを送るタイプで、髪の毛がからみにくく、重さも220gと軽いため、オススメの商品です。

・価格:2980~5300円 (AMAZON/セール時)
・風力:3段階
・稼働時間:最大6.3時間
・重さ:220g
・静音
・USB充電タイプ
・首回りからエアー(髪を巻き込みにくい)
・色:白、黒

【用途③:カラフル、かわいい!】

首掛けタイプには珍しい色のピンクやネイビーがあり、髪の毛を巻き込まないため、女性におすすめ商品です。

・価格:3255円 (AMAZON)
・風力:3段階
・稼働時間:最大4.5時間
・サイズ:212mm×180mm×64mm
・重さ:265g
・静音
・USB充電タイプ
・ファンタイプで髪を巻き込まない送風構造
・色:白、ピンク、黒、ネイビー

【用途④:高級モデル!】

値段は14990円と高いが、値段に負けない高機能を持つ商品です。首回りからエアー、首の後ろはクーラー(ペルチェ素子)と、すべての機能を備え、かつ、静音、稼働時間も8時間と十分であり、非常にオススメ商品となります。

・価格:14990円 (AMAZON)
・風力:3段階
・稼働時間:最大8時間
・静音(~31dB)
・USB充電タイプ
・首回りからエアー、首後ろクーラー(体感-12~-9℃)
・色:白、黒

【用途⑤:日本大手メーカー】

携帯扇風機には、リチウムイオン電池が使われているため、実績のある日本の大手メーカーのものを購入したい方には上記がオススメの商品となります。

ハンドクーラー型のオススメ商品

ハンドクーラーは商品ラインナップが少ないが、この商品は、周囲から-15℃を体感できる商品です。連続稼働時間が1時間と短いですが、ハンドタイプなので自分の好きなところを冷やすことができます。

・価格:3270円 (AMAZON)
・冷却:2段階
・稼働時間:最大1時間
・サイズ:25mm×55mm×110mm
・重さ:180g
・静音
・USB充電タイプ
・-15℃(氷のような冷たさを体感)
・色:白、黒

首掛けクーラー型のオススメ商品

ここからは首掛けクーラー型です。

【用途①:機能重視!首全体を冷却!】

首の両サイドだけでなく後ろも冷却できるため、とにかく首回り全体を冷やせます。外気よりも、最大ー16℃にできるため、炎天下の夏場におすすめの商品です。

・価格:7280円 (AMAZON)
・冷却:3段階
・稼働時間:最大10時間
・サイズ:158mm×156mm×44mm
・重さ:300g
・静音
・USB充電タイプ
・首の両サイドと後ろの3つを冷却(外気より-16℃)
・色:黒

【用途②:コスパ重視!】

クーラータイプにおいては、値段が比較的安く、重さも150gと軽いです。稼働時間が最大20時間と長く、コスパに優れたオススメ商品です。

・価格:4938円 (AMAZON)
・冷却:3段階
・稼働時間:最大20時間
・サイズ:125~180mm×40mm×80~145mm
・重さ:150g
・静音
・USB充電タイプ
・色:黒

【用途③:冷却だけでなく加温も】

冷却だけでなく、加温もできるタイプの商品です。静音機能も高く、まさに多機能を備えたオススメ商品です。

・価格:7280円 (AMAZON)
・冷却:3段階
・稼働時間:最大10時間
・サイズ:158mm×156mm×44mm
・重さ:300g
・価格:5980円 (AMAZON)
・冷却:3段階 (加温:3段階)
・稼働時間:最大6時間
・サイズ:170mm×40mm×147mm
・重さ:230g
・静音(25dB)
・USB充電タイプ
・色:白、黒、ピンク

さいごに

携帯扇風機(ハンディファン)を用途別にオススメを提案させていただきました。

暑い季節には手放せないアイテムですので、ご自分に合った商品を選んで頂き、外出先でも快適に過ごしていただけたらと思います。

他にも、電化製品のおすすめ商品を提案していますので、ぜひ、読んで頂けたらと思います↓
おすすめ商品 – みやみつブログ (miyamitsu) (miya-mitsu.com)

タイトルとURLをコピーしました