Amazonアソシエイト審査、180日以内に3つの適格販売(2021年9月に合格したので状況報告)

雑記

2020年3月からアソシエイトの審査方法に変更があり、「180日以内に3つの適格販売」が審査の前段階として必要になっています。

私は、2021年5月末よりブログを初めてから約4カ月後の9月に「Amazonアソシエイトに合格」できましたので、最新状況をお伝えしたいと思います。

Amazonアソシエイトの審査手順

現在は、下記、3つの手順を行う必要があります。

①Amazonアソシエイトプログラムに申し込み

②180日以内に3つの適格販売

③ブログのアソシエイト審査

それぞれについて、説明したいと思います。

①Amazonアソシエイトプログラムに申し込み

Amazonアソシエイトの公式HPにて登録を行います。
https://affiliate.amazon.co.jp/

登録は非常に簡単です。

・名前
・住所
・メールアドレス登録
・サイト登録
・コメント記載(サイト紹介、掲載したい商品)

を記入してOKを押します。

コメント記載(サイト紹介、掲載したい商品)のところですが、簡潔に自分のブログについて紹介する程度で、問題なかったです

参考までに、私は下記のような内容をコメントに記載しました。

・ブログ名は「みやみつブログ」です。
・ジャンルは、ゲーム、プログラミング、資格が中心です。
・Amazonアソシエイトを用いて、ゲームに関連するグッズや、プログラミングや資格に関連する本を販売したいと考えています
・Amazonの豊富な商品を世の中に広めたいと思っていますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

しばらくすると、登録したメールアドレスに「アソシエイト・プログラムへようこそ!」という件名のメールが届きます。

これでアソシエイトプログラムへの登録が完了となります。

②180日以内に3つの適格販売

Amazonアソシエイト審査をする前段階として、プログラム登録してから180日以内に3つの適格販売を完了する必要があります。

3つの商品が売れない限り、審査自体が行われません。。。

ここが、初心者ブロガーには、難関となります。

Amazon商品を記事で紹介し、3商品が売れるのを待ちます。

私は、3商品売れるのに「約2.5か月」時間がかかりました。
(下記は商品リンクの設定の確認するために、少し自己クリックしたのでクリック数は多めです。実際には100クリックくらいで3商品が売れたと思います)


※もしもアフィリシエイト経由でAmazon商品が売れたとしても、Amazonアソシエイトで購入したことにならないので、Amazon直リンクで商品を紹介する必要あります。ご注意ください。

Amazon直リンクの貼り方は、下記ウィンドミルさんのHPをご参考ください。
https://wind-mill.co.jp/amazon-associate-adcode/

③ブログのアソシエイト審査

私の場合、6月10日にアソシエイトプログラムに登録し、8月28日に3つ目の商品が売れました。

合格メールが来たのが9月13日だったので、3つ目の商品が売れてから2週間後でした。その間は、Amazonからの連絡は何もありませんでした。

グーグルアナリティクスを見ていると、ブログ内検索ボックスでAmazonと検索する履歴があったのですが、その次の日に、合格メールが届いたので、審査自体は1日くらいで終わるのかと予想されます。


まとめると下記のようになります。


8/28 3つ目の商品が売れる
9/12 グーグルアナリティクスにAmazonと検索する履歴あり
9/13 アソシエイトの合格メールが届く


私の場合、審査されるまで、2週間程度の期間があいていました。早い人だと、数日で合格連絡がきたとあるので、そこはAmazon審査の状況次第かと思います。

Amazonアソシエイト合格でのメリット

AmazonのPA-APIが使えるというのがメリットとなります。

PA-APIってなに?という人が多いと思います。

PA-APIがあると、Amazonとプログラムで連携させて、検索条件や、在庫確認や、売れ行きなどを、管理・制御できるようになります。

はっきり言って、「初心者ブロガーには???」だと思います笑。私はそうでした。

ということで、メリットは少ないと思います。

もしもアフィリシエイト経由で、Amazon提携するので問題ないと思います。

もう少し具体的にメリットを言うと、PA-APIが取得できると、Rinkerという商品紹介のプラグインが使えるようになります。

あとは、ブログテーマがCocoonの人は、Coccoonのブログカードで、Rinkerのような商品紹介ができるようになります。

これがメリットです。

PA-APIが無くても、カエレバや、もしもアフィリエイトの簡単リンクで代用は可能ですが、RinkerやCocoonのブログカードの方が使い勝手が良い(設定も色々できる)というのがメリットとなります。

(そこまで大きなメリットではないかもしれませんね。)

デメリット

Amazonアソシエイト合格後、PA-APIが使えるようになるのがメリットと言いましたが、もし、30日間、商品が売れない場合は、PA-APIが一時的に使えなくなります

つまり、毎月1商品は最低売らないと、PA-APIが使えなくなるので、Rinkerなどの画像表示をPA-APIから設定していた場合、(キャッシュが切れると)画像が表示されなくなったりします。

これがデメリットです。

一時的に使えなくなるだけなので、その後、1商品でも売れれば、PA-APIは使えるようになるようですが、なかなか初心者ブロガーには、安定して1商品売るのは大変かと思います。

ということで、ブログが成長するまでは、Amazonアソシエイトの合格を無理に狙う必要はないのではないかと思います。

(とはいえ、もしもアフィリエイトも、2年間で総額1000円以上の売り上げがないと、出金できず、儲けたお金がなくなってしまいます。そこにはご注意ください)

さいごに

Amazonアソシエイトの合格を目指したものの、PA-APIという30日に1商品というノルマで、しばらく初心者ブロガーは、苦戦すると思います。

私も大苦戦しそうです笑。

しばらくは、もしもアフィリシエイトでAmazonと連携するのが良いと思います。

もしもアフィリシエイトは、下記から簡単に始められますので、ご検討ください!



コメント

タイトルとURLをコピーしました