プログラム言語の人気ランキング 2021年 – 超初心者

IT超初心者向け講座

第5回目超初心者向けのIT講座は、
プログラミング言語の「人気ランキング 2021年」について解説します。


プログラミングはややこしく挫折しやすいです。そのため、方向性を間違わなことが大事です。

超初心者向けのIT講座(第1~7回)は、プログラミングの全体像が分かるように作りました。これからプログラミングをはじめる方には、まず、読んで頂きたいと思います。




注意点

2021年の人気ランキングを調べたところ、集計の仕方や、国によって、ランキングは全く異なりました。

このため、集計法についても記載しています。
参考にする際はご注意ください。

あと、これからプログラミング言語を勉強しようとしている方は、
自分がやりたいこと
今後勢いのある
・言語の難易度

の3つで、勉強する言語を選ぶのが良いと思いました。

ご参考ください。

JetBRAINSでの人気ランキング(2021)

JetBRAINSってそもそも何?ですが、ソフトウェア会社の社名です。

・2000年創業。本社チェコ共和国。
・世界各国対応の商品開発
・1000万人の顧客
・Kotlinを開発

JetBRAINSでは、世界各国の開発者に、人気言語についてアンケートを取っています。

人気言語のアンケート結果2021

下記2つを集計したランキングです。
①過去12カ月以内に使用した言語の割合
②今後、採用または移行を計画中の言語

※JetBRAINS 公式HPより情報抜粋
 (グラフは自分で作成)
※183 の国または地域から 31,743 人の開発者にアンケート

世界的には、JavaScript、HTML/CSS、SQL、Python、Javaが使われていて人気のようです。

また、今後の採用または移行を計画している言語は、Python、TypeScript、Go、Kotlin、Rustとなります。これから人気がでる言語だと予想されます。

日本で人気のプログラミング言語

※JetBRAINS 公式HPより情報抜粋
 (グラフは自分で作成)
※183 の国または地域から 31,743 人の開発者にアンケート
 うち、日本の人気プログラミング言語を抜粋

世界ではJavaScriptが人気ですが、
日本では、言語の人気は、ばらけています。

やりたいことで、最初に学ぶ言語を選ぶのが良いかと思います。

どのようなソフトウェアを開発しているか?

※JetBRAINS 公式HPより情報抜粋
 (表は自分で作成)
※183 の国または地域から 31,743 人の開発者にアンケート

ウェブサイトの開発には、どの言語も使われています。特に、JavaScript、PHP、TypeScript、Goの確率が高い結果のようです。

ゲームの開発はC#やC++などが良く使われているようです。

どのデバイスプラットフォーム用に開発しているか?

※JetBRAINS 公式HPより情報抜粋
 (グラフは自分で作成)
※183 の国または地域から 31,743 人の開発者にアンケート

ウェブ系(フロントエンド)は、JavaScript、HTML/CSS、PHP、TypeScriptが80%を超えています。

ウェブ系(バックエンド)は、JavaScript、PHP、TypeScript、SQL、Go、Rubyが80%をこえています。

モバイル用としては、KotlinやSwiftが高い確率となっています。

勢いのあるGoは、バックエンドやサーバーインフラに強い言語と言えるかもしれません。

デスクトップ向けには、C、C#、C++が50%を超えて高い傾向でした。



TIOBEインデックス (ランキング2021)

ここからは、
TIOBEインデックスという指標で見たときの人気ランキングについて、解説します。

TIOBEインデックスって何?

Wiki情報によると、
クエリ検索の数から、
人気のランキングを決定
しているようです。

Google、Googleブログ、MSN、Yahoo!での検索を対象です。

(クエリ検索 = 検索する人が多いという考え方でしょうか)

ランキング結果 2021年6月

※出典 TIOBE Software(2021年6月版)

この集計方法では、C言語がランキング1位、Pythonが2位、Javaが3位となりました。

前年比をみると、C言語やJavaは大きく下がっているのに対し、Pyrhonは大きく上がっており、勢いがあることが分かります。

とはいえ、JetBRAINSの開発者へのアンケート結果では、JavaScriptが1位、HTML/CSSが2位、SQLが3位でした。

このため、クエリ検索と、開発者へのアンケート結果では、順位が異なることが分かります。

(個人的には、JetBRAINSの開発者へのアンケートの方が、業界トレンドや転職やスキルアップの指標としては参考になるかと思います。理由は現場の声を集計しているからです)


プログラミングスクールにおける言語のおすすめランキング

もう1つ、ランキングを紹介します。

テックキャンプに、初心者にオススメする言語ランキングが掲載されていました。

テックキャンプでは、下記の観点でランキングを付けいるようです。

  • 2.1 学習しやすいか
  • 2.2 案件が豊富か
  • 2.3 応用しやすいか
  • 2.4 2021年のIT業界のトレンドとマッチしているか

テックキャンプの初心者へのおすすめ言語 2021

※テックキャンプ 公式ブログのランキングより抜粋(表は自分で作成)

やはり、初心者が挫折しにくい(とっつきやすい)、インタプリタ型言語をおすすめしていますね。

Python、JavaScript、Rubyがそれにあたります。

あとは、プログラミング人口の多いJavaや、日本で人気の高いAppleアプリケーション向けのSwift、最近人気のGoとTypeScriptを推しているのではないでしょうか。

どの言語を学習したら良いか悩んでいる人へ

ここまでの内容で、自分にどのような言語が良いか、ある程度イメージついたでしょうか。イメージまでつかないにしても、知識や理解は深まったと思います。

もし、分からないことや、もう少し詳しく知りたい方は、その道のプロに聞くのが、一番確実で早いと思います。

特に、プログラミングは挫折することが多いので、最初にプロに相談しておくのは重要です。テックキャンプには無料相談サービスがあるので、うまく活用するのが良いです。


★プログラミングの学習で悩んでいる人には、最適な学習方法を提案してくれる無料カウンセリングがおすすめです。


★ITエンジニア転職まで考えている人は、学習から転職までをアドバイスしてくれる無料カウンセリングがおすすめです。



さいごに

2021年のプログラミング言語の人気ランキングについて解説しました。

プログラミング言語の人気や種類については、ある程度、説明しましたので、次は、もう少し枝葉のところ(サブオプション)をお伝えしたいと思います。

ということで、次回の第6回目はプログラミング言語における「フレームとライブラリ」について取り上げたいと思います。

次の記事はこちらから↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました