プラットフォームとフレームワークとライブラリの違い – 超初心者

IT超初心者向け講座

第6回目超初心者向けのIT講座は、
プログラミング言語における「プラットフォームとフレームワークとライブラリ」について解説します。


プログラミングはややこしく挫折しやすいです。そのため、方向性を間違わなことが大事です。

超初心者向けのIT講座(第1~7回)は、プログラミングの全体像が分かるように作りました。これからプログラミングをはじめる方には、まず、読んで頂きたいと思います。




イメージ

一軒家を建てるのを例に考えてみました。

プラットフォームは、親元の建設会社(windowsやMacOS)

IDE(総合開発環境)は、棟梁やプロジェクトリーダーなど、取りまとめ役
メンバーは、建築屋、電気屋、塗装屋などで構成される
(HTML/CSS/JavaScript/PHPなどの複数言語)

フレームワークは、建設屋に代々伝わる一軒家建築のひな形
(建築フローの枠組みがマニュアル化されたもの)

ライブラリは、効率を高める大工道具的なもの
(無いと効率が大幅ダウン)

アプリケーションは、完成した一軒家

プラットフォームとは

プラットフォームとは、WindowsやMacOSやLinuxなど、OSやハードウェアの違いを言います。


プログラムを実行すると、それぞれのOSに合ったファイル(バイナリ)が構成(ビルド)されます。

つまり、WindowsとMacOSとでは、全く違う実行ファイルが作成されます。

これより、プログラム作成・実行は、それぞれのプラットフォーム(OS)にあった環境下で、開発が必要となります。

IDE(総合開発環境とは)

アプリケーションの作成において、複数の言語やシステムを組み込む際に、1つの場所で作れる開発環境のことです。

詳しくは、次回の講義テーマで説明したいと思います。

フレームワーク

フレームワークとは、プログラミング言語を構築していくにあたり、「全体の流れや手順が、枠組みや骨組みとして、事前に用意されているもの」をいいます。

このため、簡潔、簡単に、プログラムを作成することを手助けしてくれます。

複数人で開発する状況においては、枠組みや骨組みが決まっているので、効率よく開発ができるメリットもあります。

しかし、カスタマイズがしにくくなるのと、速度面で不利となる場合があります。

各プログラミング言語には、複数のフレームワークの種類があるので、どのフレームワークが使いやすいのか、人気なのかというところも気にする必要があります。

フレームワーク例:JavaScript

JavaScriptのフレームワークで有名なのがReactです。

Udemy動画にReactの勉強講座がありますが、これは、JavaScriptのフレームワーク「React」を使った場合のコード学習ということになります。

その他にも、Angular、Vue、jQuery、Backboneなど、たくさんあります。

まずは、初心者は有名どころで人気のあるフレームワークで学習するのが良いと思います。

フレームワーク例:Python

Pythonもフレームワークはたくさんあり、Djangoが普及しています。

その他にも、動作がはやいFlask、Bottleや、web2Py、Tornadoなどがあります。

ライブラリ

ライブラリは、プログラミング言語における「便利な道具を集めたもの」となります。

フレームワークは全体の流れや手順などの枠組みに対し、ライブラリはもう少し限定的な便利フレーズを集めたものになります。

Pythonを例でいうと、数式計算をしたい場合は「math」というライブラリを使うと簡単に演算することができます。また、表データの処理を簡単にしたい場合は「Pandas」というライブラリを活用します。

このように、よく使う機能においては、ライブラリをうまく使うことで、効率的にプログラム作成ができます。ライブラリは無料配布されているので、それをインポートすると使うことができます。

さいごに

IT用語は、なぜこんなにややこしいのですかね。。。

今回「IDE(総合開発環境)」という言葉がでてきましたが、似たものに「エディタ」というものがあります。

ということで、次回の第7回目は「IDE(総合開発環境)とエディタの違い」について取り上げたいと思います。

次の記事はこちらから↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました