ITパスポートに落ちてしまった方に【試験は難しい】

ITパスポート


ITパスポートに落ちてしまったという方に向けて書いている記事になります。

少しでも参考いただけたらと思います。

ITパスポートは、IT国家資格レベル1で合格率も50%なので簡単と言われますが、それは間違いです。

油断していると痛い目にあう試験です。

この記事では、ITパスポートが難しい3つの理由をお伝えします。その理由を知ることで、どのような勉強をすれば良いかが分かります。

次の受験を考えられている方に参考いただけたらと思います。

ITパスポートが難しい3つの理由

まず、ITパスポートの難しい3つの理由をお伝えします。

試験範囲がめちゃくちゃ広い

ITパスポートという資格が設立された目的はご存じでしょうか。

近年、ITは社会に深く浸透しており、重要性が高まっています。このため、ITに関する基礎知識を理解しているかを証明できる資格としてITパスポートが設立されました。

そのため、試験範囲がめちゃくちゃ広いです。

真面目に勉強すると50~80時間必要です。

勉強嫌いの人や、忙しい人には、相性の悪い試験です。

過去問と全く同じ問題がでない

ITパスポートは、過去問と全く同じ問題がでないと言われています。

このため、過去問を繰り返し解き、100問中60問以上、安定して正解できるようになったとしても、本番で新しい問題を解いた際に、思ったよりも点数が取れないことがあります。

過去問よりも本番で点数が落ちてしまう傾向があります。

問題の出題範囲がよく変わる

ITパスポートは、最新のIT技術動向から問題が出題されます。

これは、シラバス(試験出題範囲を記載した公式資料)が、どんどんとversionアップしているのを見ればわかると思います。

最近で言うと、機械学習やデータサイエンティストなど、最新IT分野から出題される問題が増えています。

最近のトレンドも把握していないと、本番で点数が思ったよりも取れないという事態になります。

このように、ITパスポート試験の3つの難しさについて把握しておかないと、思ったよりも本番で点数が伸びずに、結果落ちてしまうということになってしまいます。

どのように対策すれば・・・?

過去問で100問中75~80問取れるようになったら、試験を受けるというのが良いです。

新しい分野などは、多くても20問分くらいの出題数と思いますので、仮に新しい分野の正解率が4分の1だったとしても、合格60問ラインは、余裕を持ちつつ取ることができます。

さらに合格を確実にするには?

最新シラバスに対応した参考書で勉強するのが良いです。

過去問では最新の出題範囲の問題数が少ないため、知識量が不足するのが難点です。そこを最新シラバスに対応した参考書で補うことで効率よく勉強することができます。

参考書は私も購入しましたが下記がおすすめです。
・最新シラバスに対応

・情報量が多く、分かりやすい
・アマゾン売上No1で口コミ評価も良い



効率的に勉強したい

試験範囲が広いので、真面目に勉強すると50~80時間かかります。重要なポイントだけを勉強すれば20時間も勉強時間は必要ないです。

そのためには資格勉強でとても人気が高い「Udemy動画」を用います。

おすすめはIT国家資格の勉強動画を多数掲載している講師Ryotaさんの「ITパスポート最短勉強コース」です。再生時間は5時間コースです。これを1.5~2倍速で聞くと、3時間程度で全体像をつかむことができます。私は、IT分野は未経験でしたが、Udemy動画を倍速で3時間×2回の視聴を行っただけで、過去問でいきなり6割正解することができました。

一度、下記リンクにて動画の雰囲気や講義項目を確認してみてください。IT分野の勉強が初めてという方には、かなり基礎から丁寧に解説してくれるので、特におすすめの勉強法と言えます。



Udemy動画については、下記記事にも詳しく書いています。参考ください。



最後に

ITパスポートは、油断していると痛い目にあうので、決して簡単ではないです。
しかし、要点をしっかりと勉強を行えば、かなり合格する確率があがると思います。

ご参考いただけたらと思います。

★下記記事に、ITパスポートの試験概要やおすすめ勉強法など、すべての内容をまとめています。ぜひ、ご一読ください。


★他にも資格の記事はたくさん書いています。ぜひ、ご一読ください。
https://miya-mitsu.com/category/license/



タイトルとURLをコピーしました