情報セキュリティマネジメント 参考書いる?いらない?

情報セキュリティマネ

「情報セキュリティマネジメント試験に参考書はいるのか?」

について、正直ベースでお答えしたいと思います。

参考書はいる?いらない?

参考書あった方が良いです


その理由をお伝えします。

試験の難易度が年々あがっている

過去問を解くと分かりますが、年々、試験の問題が難しくなっており、合格率も下がってきています。

(IPA公開情報を自分でグラフ化)


2019年には、午後試験の全体平均点が低すぎで、基準ライン60点が46点で合格に引き下げられた事例もあります。

このため、過去問を解くだけでなく、教科書で網羅的に勉強しておいた方が安全です。

問題の出題範囲がマニアック

情報セキュリティに特化しているため、かなりマニアックな問題が多いです。

苦手な方は、過去問の解説を読むだけでは、なかなか身につかないかと思います。

そのような方には、全体像をまず理解しておくために参考書を活用できると思います。

おすすめ参考書 2021年

午前、午後、どちらにもおすすめなのが、下記となります。

・非常に見やすく情報量も多い(私も購入)
・アマゾンランキング1位
・口コミも良いコメント多い
・専用Webアプリも付いている

他にも色々と参考書はありますが、アマゾンの口コミを見て頂きたいです。

この参考書以外は、否定的なコメントが散見されるのが、少し気になります。

ということで、2021年のおすすめは、この1冊となります。

過去問の独学でCBT形式対策! 勉強時間もしっかりと

適正な勉強時間は200時間と言われています。

さすがに、200時間も必要ないと思いますが、社会人ではなく、ITが苦手な方は、勉強時間をしっかりとかけた方がよいと思います。

私は、ITパスポート、基本情報技術者を合格済だったので、基礎知識はありました。勉強時間は20時間程度だったと思います。

独学でも合格できると思いますが、ITパスポートや基本情報技術者よりも、試験問題は難しかった印象です。

試験形式はCBTなので、確率に期待もありますが、午後試験は選択肢の数が多いので、ほぼ実力通りの点になると思います。

このため、しっかりと過去問で8割程度の正解率が確保できるようにしておくことが、合格率を高めるのには重要だと思います。

さいごに

★下記記事に、情報セキュリティマネイジメントの試験概要やおすすめ勉強法など、すべての内容をまとめています。ぜひ、ご一読ください。


★他にも資格の記事はたくさん書いています。ぜひ、ご一読ください。
https://miya-mitsu.com/category/license/



タイトルとURLをコピーしました